BIOGRAPHY

Jörgen Axelvall is a Tokyo based photographer and artist from Sweden. Previous to moving to Tokyo in 2011 Axelvall resided in NYC for 15 years.  He tends towards long-term projects: exploring intimacy and solitude; soft- or select-focus evoking abstracted, dream-like realms at once personal, yet universal. Axelvall attempts to seize the utter vulnerability and beauty to transubstantiate the subject into essence of the moment. Axelvall’s visual storytelling interacts with his experimental word.

Axelvall exhibits internationally, and has won significant awards: International Winner, New Exposure by Vogue USA, 2013, Athens Photo Festival, 2019, and The 18th Japan Media Arts Festival, 2015.

Axelvall has four monographs to date. Since 2018, Jörgen Axelvall has been represented by Ken Nakahashi Gallery in Tokyo.

 

 

スウェーデン出身のヨーガン・アクセルバルは東京を拠点に活動する写真家、アーティスト。ニューヨークで15年間滞在。2011年日本に移住。

アクセルバルは一つのプロジェクトにじっくり時間をかけることが多い。親密と孤独にまつわる彼の作品は、セレクトフォーカスやソフトフォーカスの効果を利用し、抽象化された夢のような世界を想起させる。個人的でありながらも普遍的である。アクセルバルは極端な脆さと美しさを撮すことで、視覚的な物語として被写体を瞬間的なエッセンスへ変えようと試みる。その写真は彼が創作する実験的な詩文と響き合う。

アクセルバルは世界中で展覧会を開催。また、2013年アメリカ版VOGUE誌による「NEW EXPOSURE賞」のインターナショナルウィナー、2019年のアテネ・フォトフェスティバル、2015年の第18回文化庁メディア芸術祭などにおいて国際的な賞を受賞。4つのモノグラフを刊行。

2018年以降東京のKEN NAKAHASHIギャラリーで活動。