BIOGRAPHY

Jörgen Axelvall is a photographer and artist from Sweden currently based in Tokyo. Before moving to Tokyo in 2011 Axelvall lived and worked in New York City for 15 years.

 

Axelvall’s work tend to be long time projects focused on a specific theme. The themes vary but are similar by approach and form; intimate and solitude, often soft-focus, resulting in slightly abstract and dream like images.

Most of Axelvall’s work are done on Polaroid film but not exclusively.

 

In 2013 Axelvall was the international winner of the New Exposure Award presented by US Vogue and Bottega Veneta.

In 2014 Axelvall published his first monograph, Instant Moments, a documentation of Axelvall’s years in NYC captured on Polaroid Film.

Also in 2014, Axelvall’s seven-year art project I was looking for Park Hyatt Tokyo was published as a limited edition photo box, designed and art directed by Satoshi Machiguchi of Match&Co.

I was looking for Park Hyatt Tokyo was included as a Jury Selection by the 18th Japan Media Arts Festival in 2015 and was shown at the National Arts Center in Tokyo.

Axelvall’s biggest exhibition to date, OIDE, was held at the Embassy of Sweden Tokyo, December 2015 - January 2016 and a selection of portraits from the extensive OIDE series was shortlisted at the 4th International Emerging Artist Award of Dubai (IEAA) and included in the Best of 2016 book, published by IEAA and Pixalib.

In 2017, Go To Become was published by roshin books.

Go To Become comprises Axelvall’s photography with original poetry by Mutsuo Takahashi, one of the most prominent and prolific poets in contemporary Japan. The book release and exhibition, was held at Bookmarc Tokyo Gallery.

In 2018 Ken Nakahashi Gallery presented Axelvall’s inaugural solo show KÄR/LEK.

 

 

写真家/アーティストのヨーガン・アクセルバルはスウェーデン出身で、

15年間のニューヨーク滞在後、2011年から東京を拠点に活動中。

 

アクセルバルの仕事は、特定のテーマに焦点を当てた長期プロジェクトを多く手掛け、その都度テーマは異なるが、アプローチや形式は似ている。

親密で孤独。作品の多くは、ポラロイドフィルム。しばしばソフトフォーカスで、その結果、やや抽象的でどこか夢のようなイメージに仕上がってます。

 

2013年、アメリカ版VOGUE誌とボッテガ・ヴェネタが開催した

「NEW EXPOSURE賞」のインターナショナルウィナーに選出されました。

 

2014年には自身初の作品集『Instant Moments』と写真集『I was looking for Park Hyatt Tokyo』を発表後、東京とニューヨークそしてロサンゼルスで写真展を行う。

その後、『I was looking for Park Hyatt Tokyo』は、マッチアンドカンパニーのアートディレクター町口覚氏デザインによる限定版フォトボックスとして販売され、第18回文化メディア芸術祭において審査委員会推薦作品に選出され、新国立美術館で展示されました。

 

2015年12月から2016年1月、自身の最大規模となった個展『OIDE』が東京スウェーデン大使館にて開催され、同シリーズは第4回International Emerging Artist Award of Dubai (IEAA)に選出され、IEAAとPixalibによって出版される「Best of 2016」に掲載されました。

 

2017年、アクセルバルにとって3冊目となる作品集『Go To Become』がroshin booksより出版されました。

作品に合わせて、現代日本の最も著名で多岐にわたる詩人の一人である高橋睦郎氏のオリジナルの詩と写真にて構成され、Bookmarc Tokyo Gallery にて写真展も開催されました。

 

2018年、KEN NAKAHASHI Gallery にて個展、KÄR / LEK(シャーリック)が開催されました。

 

アクセルバルは、雑誌のエディトリアルや広告、また世界中のクライアトとの仕事を通しコンスタントに作品を発表し続けています。